Salvatore Benitoサルバトーレ ベニート

SUITS STYLEスーツスタイル

サルバトーレベニートのスーツスタイルは全11種類。
その中でも代表的な8つのスタイルをご紹介します。

New British[ ニューブリティッシュ ]

イメージ:ニューブリティッシュ

オーソドックスな英国ブリティッシュと現代風のスマートさが融合したシルエット。ショルダーラインはナチュラル、袖シルエットは細身、適度なカッタウェイフロント。

Build Up British[ ビルドアップ ブリティッシュ ]

イメージ:ビルドアップ ブリティッシュ

英国ブリティッシュラインを基本に、シェイプドルックと形容されるウエストの絞り込み。バックスタイルは美しいXライン。肩を盛り上げたビルドアップショルダーを採用。

Classico Italia[ クラシコ・イタリア ]

イメージ:クラシコ・イタリア

イタリアンクラシックを基本に、高めのボタン位置、ハイゴージストレートラペルエッジ。ウエストから裾にかけての自然なフレアードラインが高バランス。ドレープ感も秀逸。

Narrow Style[ ナロー スタイル ]

イメージ:ナロー スタイル

キーワードは「スリム、シャープ、直線的」。ショート丈を自然に見せる低めのウエストライン。直線的に見えるフロントカットでスタイリッシュな「Xライン」を形成。

Mode Style[ モード スタイル ]

イメージ:モード スタイル

ブリティッシュの感覚を残しながらボタン位置を高く、Vゾーンを狭くすることでモッズ調を演出。腰ポケットは高めのウエスト位置とのバランスのためハッキングを採用。

Universal Standard[ ユニバーサル スタンダード ]

イメージ:ユニバーサル スタンダード

英国ブリティッシュが原型。ナチュラルなショルダーライン、ウエストラインで着心地重視。多彩なアレンジが可能になり、最もスタンダードな万国共通のシルエット。

Manica Camicia[ マニカ・カミーチャ ]

イメージ:マニカ・カミーチャ

ナポリスーツの特徴である「シャツ袖」を採用。肩パッドは省略。着用感は軽快。ハイゴージ+高ウエストでの美しいシルエットが特徴。羽織る感覚のカジュアルシルエット。

American Traditional[ アメリカン・トラディショナル ]

イメージ:アメリカン・トラディショナル

肩先の丸みが特徴。そのため「ドロップショルダー」を採用。ゴージラインがやや高め。ウエストから裾にかけてはナチュラルフレアー。オーソドックス+機能性が普遍のシルエット。

LINEUP&PRICEラインナップ&プライス

CONTACTお問い合わせ・来店予約

サルバトーレベニートへのお問い合わせ・ご予約はお近くの店舗まで